コンテンツへスキップ

HOME


心のある政治

「頭はいいんだろうけどさ、今の政治家や官僚には、心が無いよね」

ご挨拶に伺ったお宅で よもやま話をしていた時に
奥様がおっしゃった一言です。

何気ない一言でしたが
忘れられません。

この一言により、私の政治信念は
「心のある政治」になりました。

政治への信頼を取り戻すために

統一教会の問題がクローズアップされて以来、
政治への不信感がさらに強まってきています。

「心のある政治」どころではない状況です。

国民の皆様が自分の政治を取り戻し、政治への信頼を取り戻す、
その一助になればという思いから
今回、初めての県議選への挑戦を決意しました。

水戸市で生を受け、茨大附属中・水戸二高で青春時代を過ごした私が愛する水戸市での挑戦です。

全ては国民のための政治

私の所属する日本維新の会では、国会議員も県会議員も市町村会議員も全て同列です。
国民のために尽くすという思いに変わりはないからです。

議会は違っても思いはただ一つ
「すべては国民のため」であるということ。

国民のための政治を取り戻すために、精進してまいります。
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


むとうゆう子